山口県宇部市の小児科 よしもと小児科

文字サイズ

 

 
予防接種

 

 予防接種 

当院では、子どもの予防接種も実施しています。予防接種の種類と接種時期を確認してもれずに受けて

下さい。

毎日クリーンタイムに行っていますので予約の上、母子健康手帳、予防接種予診票、保険証を持って

来院して下さい。

                                                                                                            

 

【定期予防接種】

 

ヒブ:「インフルエンザb型」という細菌の略です。冬に流行するインフルエンザとは全く別物です。

 

 

 

 

 

小児用肺炎球菌:平成25年11月1日より従来の7価から13価に改良されました。平成25年10月まで

           に接種が終了された6歳未満の方は13価ワクチンを1回追加することで新たに成分

           6種類に対する抗体が上昇すると言われています。

           任意接種(費用は全額自己負担、但し宇部市の方は市が半額負担)となりますが、

           確実な予防のためには、接種が望ましいと考えられています。

         

※ワクチンの切り替えに関するQ&Aは、「厚生労働省ホームページ」をご確認下さい。

 

厚生労働省ホームページはこちらをクリック

 

 

 

四種混合、三種混合、不活化ポリオ、二種混合(三種混合2期)

 

四種混合、三種混合、不活化ポリオ:生後3か月になったら、早めに接種を開始しましょう

 

 

二種混合:二種混合の予防接種は乳幼児期に接種した三種混合または四種混合予防接種の2期として

        行うもので、接種することでより確実な免疫をつけることができます。

        6年生に案内がきますが、もらったら早めに接種しましょう。

 

BCG:生後5~7か月で接種することをおすすめしています。

 

MR:1期は1歳、2期は小学校入学前1年間です。風疹については、妊婦が妊娠早期にかかると、

     先天性風疹症候群と呼ばれる病気により心臓病、白内障、張力障害などの障害を持った子どもが

     生まれる可能性が高くなります。

 

日本脳炎:1期は生後6か月~7歳5か月の方、2期は9歳~12歳の方が対象。

        但し、平成7年4月2日~平成19年4月1日生まれで、1期、2期の接種が不足している方に

        ついては、20歳未満までの間、残りの回数分の接種が出来ます。(特例対象者)

 

 

 

子宮頸がん:標準的な接種年齢は中学1年生です。サーバリックス、ガーダシルどちらのワクチンも

          高い確率で子宮頸がんの原因となるHPV16、18型のウイルスの感染を予防する効果が

          あります。接種ご希望の方は接種して下さい。なお接種後に注射による痛みや心因性の

          反応等による失神があらわれることがあります。失神による転倒を避けるため、

          接種後30分程度は体重を預けることのできる背もたれのあるソファに座るなどして

          様子をみましょう。

 

 

 

 水痘:1歳から2歳までの方。

※「水痘」に関しましては下記厚生労働省ホームページをクリック。

 

厚生労働省ホームページはこちらをクリック

 

 

 

6歳までの乳幼児健康診査・予防接種おすすめスケジュール